恋-REN- オフィシャルサイト/恋-REN-ワンマンライブ特設サイト/ライブ制作レポート

f.pngf.pngm.pngm.pngmailmagazin.pngmailmagazin.png

oneman_tokusetsu_bannar_end.png


動機

_--4.jpg

アストロホールでライブがしたい!
そう思った理由は、ズバリ『花道』(cat walk)にあります。

あの花道を歌いながら歩きたい!
3年前の某日そう思ったのです。
“ライブへの想い”のページ参照。

「歩きながら歌う」という事。
幼い日、母は私を散歩に連れながら歌を歌ってくれました。
小学校の帰り道、私は毎日のように友達と歌いながら帰っていました。
ある日は音楽の時間に習った歌を、またある日は歌謡曲を口づさみながら。
リコーダーを吹きながら帰った日もあったかな。
今も一人の帰り道はついつい鼻歌を歌ってしまいます。

私にとって、歩きながら歌うということが一番ナチュラルなことなのかもしれません。
だから花道に惹かれるのかも。

都内のライブで花道があるところはアストロホールのみ。迷うことなくアストロホールを選ばせていただきました。

より自然な歌を、そしてより皆様の近くまで歌をお届けできるように。

そんな気持ちが今回のライブの動機です。

企画

2011.7.16 J-POP CAFE -SHIBUYA.jpg

毎年恒例の夏のワンマンライブ。
自身の誕生日というテンションと気合に便乗して、いつものライブ以上に情熱をかけています。

今年の会場はバンドが似合う会場なので、いつもの“恋バンド”のサウンドの方向性を突き詰めてゆきたいなと。
その延長に今までのステージではなかったものをプラスしてゆこうと考えました。(ダンサーやホーンセクションとのコラボレーション)

音楽性の決定の後にイベントのタイトルを決めました。
「1000倍!輝きましょう
~夏の恋ターテイメント~」

ちょうどその時(2012春)に発売していた『100倍!楽しくなる方法』から、さらに高みに近づけるように『1000倍!』という表現を使いたいと思いました。

いつも以上の大所帯で、いつも以上に楽しく輝けるように願いを込めて。

準備

?? 2.JPG

ライブというステージを作る際、何よりも大事なのが【選曲】。
どの曲を演奏するか?どういう流れを作っていくか?

2時間のステージは、曲数も多いので何度も検討と改良が必要です。
写真のように、曲のタイトルを書き出し、パズルのように組み合わせてみました。

おなじみの曲、ワンマンライブならではの曲、どう組み組合わさっているかをどうぞお楽しみに!!

リハーサル

__-1.JPG

ライブの中心となる恋バンド(改め、SYW57)の土台作りから。
今回は、よりパワフルに、カラフルに!
ということで、ツインギター。

バンマスはCD制作でタッグを組んでいる長沼氏です。
CDのアレンジメントにさらなるアレンジを加えています。

特に、ホーンセクション(ラブリーホーンズ)のフレーズはこのライブだけのためのアレンジ。
より華やかに、思わず体が動いてしまうサウンドに仕上がっています。

__-2.PNG

ダンサーリハーサルは、女子3人で和気あいあいと。
振り付けを初めて見た時には、鳥肌が立ちました。
私が書いた歌詞の意味と気持ちを隅々まで理解しながら作ってくれたのが伝わる振り付けだったのです。
歌詞に収まり切らなかった気持ちを全部ダンスで表現してくれている。
また同性だからこそできる表現にワクワクしました。

女性ダンサーと一緒にやる意義がここにあると思います。

リハーサルでは、日々「踊れるロック」を追求しています!



2012年7月16日(祝・月)

原宿ASTRO HALL
map.gif

開場/16:30 開演/17:30

学生/¥3,700
前売り/¥4,200
(共にドリンク代別)
※ご入場はチケット番号順になります

チケットを事前にご購入いただいた方には特典として当日に限定グッズをプレゼント!!

tokusetu.jpgtokusetu.jpg